空き地に花を

この記事は1分で読めます

Pocket

 

ここに引っ越してきて10年

家庭菜園をしたくて、出来るだけ土地の広い物件を探して

ここに決めました。

ここは市街化調整区域

周りは畑

引っ越してきた当時は、

まわりは全て畑として作物が植えてありました。

作っているのは、私の親の世代がほとんど。

 

そして、徐々に作物が作られなくなり

耕作放棄地になっていきました。

 

日本の農家の現状ですね。

 

周りは時々雑草除けのために耕運機でかき混ぜられるだけ。

 

何とも寂しい風景です。

 

 

 

家の近くの耕作放棄地に、花を植える許可をもらい

二年ほど前から花を植え始めました。

 

春は矢車草

秋はコスモスがこぼれ種から芽を出して

一斉に花を咲かせる景色は見事です。

除草剤を使わずに花でいっぱいにしたい

コスモスが終わったらまた来年に向けて

どんな花を植えるか考えています。

矢車草のこぼれ種がもう芽を出し始めています。

自然は、何もしなくても豊かにめぐります。

 

 

それにしても、日本の農家が減っていく

これは凄く問題だと思います。

農家は世襲制

新しく農家になりたくてもハードルが高いと言います。

 

しかも、今の農業のやり方では

収入面で難しいとか。

農家離れも仕方がない、と思われますが、

日本で作物を作らなくなったら輸入に頼るのでしょうか?

 

私は家庭菜園を自然農法でやりたいと思っていました。

でも、実際に始めて見ると

やっぱり除草が必要です。

雨が降ると、1週間くらいであっという間に雑草が茂ります。

でも除草剤は使いたくない!!

 

これが落ち着くまで、何年かかるのか。

いろいろ試してみようと思います。

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.15

    梅干し作り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2001年1月
    4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031