スイッチなのか落とし穴なのか?  イメージ

この記事は2分で読めます

Pocket

人間、何かしらのスイッチがあって

それに触れると、

怒りだしたり、悲しくなったり、見下したり、

そんな感情が湧きだしてきて

考えることを一切しなくなる、

出来なくなる言葉があるみたいです。

 

それは見えない落とし穴みたいで、

この世界のいたるところに張り巡らされています。

 

たとえば

UFO

健康食品

ネットワークビジネス

死後の世界

ネットビジネス

陰謀論

右翼

左翼

宗教

スピリチュアル

精神世界

 

 

などなど、いろいろあります。

話をしていて、この単語が出ると

「あ~~、それね。。。」

で終わってしまうの。

その言葉に、何かしらのイメージがあるんですね。

 

私は、UFOとか、アトランティス文明とか大好きで

昔のテレビ番組で特集があるとよく観ていたけど

そんなテレビ番組でよくあるパターンが

某大学教授が、霊とかUFOをこき下ろして

それに対抗して信じている人を馬鹿にする態度が正論的な扱いを受ける番組

 

そんなパターンと、実際の生活で交わされる会話が同じなの。

 

わたしがUFOの話をすると

大体の人が、バカにした感じで、

相手にしないのよね。。

テレビ番組そっくり

魂とか死後の世界もそう。

 

 

私がネットワークビジネスを知った時

ネットワークビジネスがどんなものか、

しっかりその考え方を教えてもらったけど

凄く合理的な、消費者にとって有利なシステムだと思った。

 

ちょうどその時期

マルチまがい商法、という詐欺事件があって

同じようなマルチ商法、ネットワークビジネスも悪い、

というイメージがついたみたい。

私の周りの人に、ネットワークビジネス、という言葉を出すと

「ああ、それね。詐欺みたいね。」という反応がたくさんあった。

 

 

私は、テレビや映画が好きでよく観ていたけど

私の年代は、アメリカのテレビ番組、アメリカの映画が主流だから

その中では、もちろんアメリカが主役、善人

悪人、犯人は、ソ連とか有色人種という配役だった。

だから、ソ連、ロシアに対していいイメージを持っていないのと同じなんだと

この頃分かってきた。

ロシア、ソ連は怖い国、って思ってませんか?

私の年代は、たぶんそうだと思う。

 

テレビ番組で、海外で、日本についてのイメージを聞くときがあるけど、

その答えは、忍者、侍、芸者  と出てくる。

私たちからしたら、今の日本じゃない。。

私がロシアに対して持っているイメージも、こんな感じなんだ。

スパイ、共産国、寒い国・・

 

しっかりテレビ番組で見たイメージがついている

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 11.02

    輪廻転生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2002年1月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031