梅干し作り

この記事は1分で読めます

Pocket

 

梅干しを干す時に、こんなに晴れて、

しかもこれほど暑いのは、はじめて(^o^)

 

干し方は各地でいろいろあるようですが

私は、日中干して、夜は梅酢に戻してを3日繰り返して

出来上がりは、梅酢に戻して、
紫蘇もその上にかぶせて終わりです。


土用の丑の日までに干すのがいいと聞いています。


今年の家の梅は、とても大きいので、

食べ応えのある梅干しになりそうです^^

改めて、梅干しを作る順序で、写真を入れてみます^^

材料

梅 2K

塩(自然塩) 8%~10%(好みで・あまり塩分控えめだと傷みやすい)

梅酢がでたら、紫蘇(1束~2束・好み)

少量の塩

梅は熟した梅が、柔らかい梅干しになります。

梅を洗って、一晩水につけてアクを取り ヘタを取ります。

水分を切って、キッチンペーパーで拭いて容器に入れながら

塩と梅、交互に入れます。

(皿などを梅の上にのせて重しにしてもよい)

2.3日すると梅酢が出てきます。

梅酢が出ていい感じになったら、赤紫蘇の準備

枝から葉をちぎって洗います。

シソの葉の5%くらいの塩を準備

塩を加えて、手で揉みます。

そうすると、シソの葉がしんなりしてきて、色の濃いアクが出てきます。


アクをぎゅっと絞ってシソの葉だけにします。


ここに、梅酢を少し加えてまた揉みます。

そうすると、綺麗な赤い色になります^^

梅干しの色ですね~^^


梅酢を入れてよく揉んで色を出します。


この紫蘇を、梅酢の出た梅の上にのせて、色を付けていきます。

梅を干す日までしっかり赤紫蘇で覆っておきます。

注:塩分控えめだとカビたりするので、
上に塩をかけるか、焼酎をかけるといいです。

梅と赤しそと塩だけのシンプルな梅干しが好きです^^

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.12

    夕日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2001年1月
    4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031