映画「リーディング」

この記事は1分で読めます

Pocket

映画「リーディング」の上映会+講演会に行ってきました。

アメリカでは、「ホリスティック医学の父」 と言われる

エドガー・ケイシーのドキュメンタリー映画です。

なぜ「ホリスティック医学の父」と言われるかと言うと

病気に対しての処置、処方が

薬や外科的な方法だけでなく

食事、心の持ち方、運動、排せつ(解毒)など

当時(ケイシーは1877年~1945年)の医学では考えられない処方でありながら

実際に病気が治った人たちがたくさんいたし

今もケイシーの残したリーディングの研究によって

多くの福音がもたらされているからです。

私がエドガー・ケイシーの業績を知ってから、もう14年ほどになります。

書店で見かけた「ホリスティック・ヒーリング」という本で、

始めてエドガー・ケイシーさんの業績を知りました。

その中に、

人間は「ボディー、マインド、スピリットの3重になっている」という記述があり

まさしく「これだ!!」と感動したのを覚えています。

物質としての人間としか扱わない今の考え方が

本来の人間のあり方を狭くしている、

それが心の病にも関係していると思ったのです。

その後、ケイシーさんに関係する本をたくさん読みました。

そして、日本エドガー・ケイシーセンターというNPO法人があって

ケイシーの業績を研究・啓発しているのを知りました。

ケイシーさんは、知れば知るほど素晴らしく

その業績も奥が深く驚くばかりです。

「リーディング」によって

たくさんの人にケイシーの業績を知ってほしいと思います。

今病気で困っている人の助けになればと思います。

多くの人にケイシーの福音が届けられますように

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2001年1月
    4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031