死んだらどうなるのか?どこから生まれて来たのか?

Pocket

今の時代、誰でもインターネットで

どんなことにもアクセスできるようになりました。

 

 

もちろん、

これまでに出版された本や、聖人、覚者の言葉

科学的な文献を調べることも出来るようになっています。

 

そして、誰でも、このように自分が思ったことを発信できる、

素晴らしい時代になったと思います。

 

そのようなことができる今だから、いろいろな情報発信しているところから

これまで知ることができなかったことも、知ることができるようになりました。

 

 

ここでは、

私がこれまでに学んだことを

自分なりに解釈した世界観・宇宙観を書いてみます。

 

これが正しい、というわけではありません。

 

たぶん、一人ひとりが自分の世界観を持っていると思います。

それぞれに、自分が感じていることが正しいのだと思います。

 

 

共感できるところもあるかもしれませんし

へ~~、という部分もあるかもしれません。

 

 

私が思ったことを好きなように書いているので、

いろいろな、世界観・宇宙観があるのだと、

楽しんでいただけたらと思います。

 

 

さて

死んだらどうなるか?

考えたことありますか?

 

 

「死ぬ」ということが

縁起が悪いからと、

話題にしない、触れない風潮があると思いますが、

「死んだらどうなるのか?」を考えることは

「なぜ生きているのか?」

「何のために生きているのか?」

に繋がってくることだと思います。

 

 

 

私は、人間は、

「霊、魂、体」の三位一体  だと理解しています。

 

 

エドガー・ケイシーは、

「ボディー・マインド・スピリット 」と表現しました。

 

西洋的な表現と、日本的な表現では、

微妙に違っているのかもしれないけれど

どちらも、肉体だけではないということですね。

 

 

たぶん、日本人は なんとなく理解していると思うのですが、

肉体から霊魂が抜けると「死ぬ」 ということになります。

 

 

その時に重さが変わるのか?

霊魂に重さがあるのか?

実験している医者もいます。

 

 

 

じゃぁ、その肉体から抜けた霊魂はどうなるのか!?

 

ですよね~^^

 

私は、もちろん、

「あの世」に行く、と思っています。

 

 

「あの世」という表現だと、おどろおどろしいので

「エネルギーの世界」と言いましょう。

 

 

死んでから行く世界

= 生まれる前にいた世界

= エネルギーの世界

 

とすると、すっきりしませんか?

 

 

ケイシーは、

生まれるのも、死ぬのも、

違った扉を開ける、

というような表現をします。

 

 

エネルギーの世界から

「地球」というアミューズメントパークに扉を開けて入り(生まれ)

自分の目的を果たしたら、また扉を開けて帰っていく(死ぬ)

という経験・体験のために 地球に来る、としたら・・・

 

ただし、エネルギーの世界から、この「地球」に生まれると

エネルギーの世界のことはすべて忘れる、という約束があって

地球に生まれてから、

自分で自分の生きる目的を思い出す必要がある というのです。

 

 

でも、なかなか思い出せなかったり・・・

それが、カルマとして繰り返す人生になる。。。

 

 

ところで、ケイシーさんは、

14000件ほどのリーディングを残しているのですが、

その中には、「地球を卒業する人」と言われた人が18人います。

 

地球には、経験、学びのために来ていて、それが十分に出来たら

今度は違った学びのために、違う星に行くそうなのです^^

 

そう思うと、宇宙そのものが大きな学びの場 になりますね^^

 

地球に生きている「今の自分」だけではない

エネルギーの世界に生きている自分もいる

そいう考えると、「自分の人生」の考え方が

変わる気がしませんか?

 

 

ところで

これまでは、エネルギーの世界を忘れて生まれるのが普通でしたが

最近は、エネルギーの世界を覚えている子供たちが増えているようです。

 

池川 明先生 が、胎内記憶の研究をして映画にもなっています。

 

映画「かみさまとのやくそく」

 

胎内記憶(出生前記憶)を持つ子供たちが言うには

「親を選んで生まれて来た」

「人の役に立つために」

ということのようです。

そのような記憶を持っている子どもが多くなってきたのは・・!?

どうしてでしょうか?

 

それは、この世界が 次の世界に移り変わる時だからのようです^^

 

地球は、太陽の周りをまわっていて、

春、夏、秋、冬という季節の変化がありますが、

もっと大きな宇宙から見ると、

この太陽系も、変化しているようです。

 

 

「聖なる科学」スワミ・スリ・ユクテスワ大師 著  には

悟りの道のりや、文明の周期についての説明があります。

 

他にも

エドガー・ケイシーや、シュタイナー他

多くの覚者、聖者さんたちが残した本に、

人類の変遷が書いてあったりします。

過去、地球はどんな世界だったのか!?
これから、どんな世界になっていくのか!??

 

地球上では、あらゆるものが進化成長して変化していくのと同じように

この宇宙も地球も、人類も、進化成長していくのでしょう。

 

太陽系が変わっていったら

太陽も変わるし

その周りをまわる地球も変化していく

当然、太陽光で生きている私たちにも

大きな影響があるでしょう。

 

 

その変化が、地球や人類にも影響してくる・・・

そう思いませんか?

 

星座占いでも

うお座の時代から
みずがめ座の時代へ

と言われていると思います。

 

分離の世界から  統合の世界

男性性から  女性性の時代

競争の世界から  共生の世界

 

地球と、人類、生き物全てが一つになって
調和して生きる世界

縄文の時代のような

 

映画「アバター」のような

 

映画「美しき緑の星」のような

自然と共に生きる生き方

 

 

 

そして、とても参考になるサイトを見つけました^^

忘れないように貼っておきます^^

https://asejitsu.jimdo.com/

Pocket

ブログランキング参加してます♪応援よろしくお願いします^^


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最近のコメント

「愛の星」クラブ LINE@




 

友だち追加

▲トップへ戻る