常識からの卒業

この記事は2分で読めます

Pocket

異常気象と言われるような気候の変化が始まってから

もう10年以上になるでしょうか?

 

異常気象、という言葉にも

毎年の本当に異常な雨や寒暖の差にも

「あぁ、また異常気象ね」

というような、

「当たり前」になりなってきましたね。

 

どんなことも

何度か繰り返すと

それが当たり前になってくるようです。

 

常識が、崩れてきている

そんな気がします。

 

 

でも、人の価値観は

なかなか変わりませんね。

 

そろそろ、

人の価値観も変わっていい頃ではないでしょうか?

 

 

とくに思うのは、タブーとされていること

それについてあえて考えてみる、というのも

常識からの卒業になるでしょう。

 

死んだらどうなるのか、ということもその一つです。

 

人が死ぬということは、避けて通れないものです。

 

でも、私たちの本体は、

永遠無限の魂としての存在であって

肉体は、

この地球に生まれて生きるための乗り物

という風に考えることが出来れば

生まれる前はどこにいて

死んだら(肉体を離れたら)どこに行くのか?

ということが知りたくなりますよね?

 

それから、何のために生まれて来たのか!?

 

それは、各自いろいろな目的、目標があってのことだと思うので

一言では言えませんし

一人ひとりが、自分で見つけ出し、

その目的を果たすために生きている

と思います。

 

 

 

充実した人生だった

と言って死ねるのがいいですね。

 

 

そのためには、

本当にやりたいことをやれているか!?

それにつきますね。

 

 

貴方は、やりたいことを見つけていますか?

やりたいことをやれていますか?

 

 

ちなみに、やりたいことは

自分勝手な、自分だけが楽しいことではなくて

他の人が喜ぶような

地球が元気になるような

そんな意味のある やりたいこと です^^

 

 

私たちは

誰かの役に立ちたくて生まれてきているようです。

 

人の笑顔を見るのは、とても幸せですよね^^

 

 

貴方は、

「死んだらどうなるのか!?」

考えたことがありますか?

そして、どう思いますか?

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.15

    梅干し作り

  2. 2018 04.07

    初めまして

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2002年1月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031