グルテンアレルギーについて

Pocket

 

グルテンアレルギーについては、グルテンフリーにして体調がよくなった、綺麗になった、痩せた、という有名人の話から話題になることが多くなったと思いますが、まだまだ認知度は低いようです。

 

私も数年前にグルテンアレルギーのことは聞いていましたが、あまり真剣には受け取っていませんでした。

 

グルテンアレルギーで発症する症状は、驚くほど多いのです。

 

以下に、HOOD HACK  https://food-hack.com/  から転載させていただきます。

 

***************************

小麦グルテンの毒性――グルテンアレルギー

http://glutenfreelife.net/gluten-toxicity/

グルテンフリーに関する記事に書いたように、ロックフェラーが半世紀前から数十年にわたっておこなった品種改良で、小麦のグルテン含有量は増えた。小麦粉の柔軟性はさらに増した。ここまではよかった。

問題は、グルテンに強い毒性を与えてしまったことだ。

地球上に存在する小麦の99%以上がいまや、ヒトにとって有毒なものとなっている。

小麦グルテンは日々、われわれの肉体のあらゆる器官に影響をおよぼし、あらゆる部位に抗体をつくりだしている。花粉症などほかのアレルギーにもいえることだが、許容量を超えなければどうということはない。

だが、ほかのアレルギー同様、抗体数が一人ひとりの許容量をうわまわったとき、症状は一気に表面化する。

その際のインパクトは、花粉症よりはるかに強烈だ。というのも、グルテン抗体はIgGタイプ(遅延型)。花粉抗体に代表されるIgEタイプ(即時型)とちがい、1度できると抗体が抗原と結びつき、血流に乗って体内のすみずみにくまなくいきわたり、数週間から最長1年にもわたり、活動しつづけるのだ。

くしゃみや鼻水どころの騒ぎではない。全身の免疫システムをかき乱し、さまざまな部位で炎症を引き起こす。あらゆる病気の火種になることがわかっている。

代表的なのは、次のようなものである

関連する疾患 詳細 備考
胃酸逆流 軽度のグルテンアレルギー患者に多く見られる。胃酸が食道を逆流し、食道が胃酸(塩酸)で溶けて、炎症が発生する。逆流性食道炎に発展するケースも少なくない。
過敏性腸症候群 便秘と下痢、あるいはその両方が交代で訪れる症状だ。腹痛や、腹部の不快感がつづく。こちらも軽度のグルテンアレルギー患者によく見られる。
糖尿病 子どもに多い1型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)の発症リスクは20倍にもなるそうだ。
肝臓病 脂肪肝から肝炎、肝硬変、最悪のケースでは肝臓がんを発症することもあるという。
自己免疫疾患
アレルギー疾患
関節リウマチ、全身エリテマトーデス、ぜんそく、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、クローン病、橋下病など。 →詳細記事へ
皮膚疾患 疱疹状皮膚炎、口内炎、口角炎、皮膚筋炎、ヘルペス、白斑、乾癬、ベーチェット病、脱毛症など。 →詳細記事へ
神経障害 平衡感覚の障害や運動障害、痛み、脳障害など。
セリアック病 代表的な症状は、下痢や腹痛、重度の栄養失調、体重低下。関節炎や神経障害、精神疾患、頭痛、不妊などがあらわれることもある。 →詳細記事へ

 

以上、転載

**************************************

 

 

 

食事には気を付けようと思い、精製したものは、小麦、米、砂糖など、どんなものも身体にはよくない、と聞いていたので、コメは白米ではなく、出来れば玄米、でなければ7分づきくらいにしたり、砂糖はキビ砂糖や黒砂糖にしていました。

 

でも、私は子どもの頃からパン食が好きだったので、なかなかパン食をやめる気になりませんでした。

 

でも、へバーデン結節になって、改めてそれも小麦粉のグルテンアレルギーが関係しているかもしれないと知って、グルテンフリー生活を始める決心をしました。

 

グルテンフリーにして、しばらくすると、へバーデン結節で痛いと思っていた第一関節の痛みが和らぎました。

 

やっぱり、グルテンアレルギーが関係していたのかと、納得したのと、驚いたのと複雑な気持ちでした。

 

アレルギーに関しては、突然発症したと言いますが、実は体内の各部位でで抗体が作られているのです。それが許容量を超えた時に症状として表面化するのだそうです。

 

ですから、今何ともないと言っても、明日、例えば花粉症の症状が出る、ということもあるのです。

 

そして、多くの人が、グルテンアレルギーの症状が出ているとしたら、同じように小麦粉を食べている人は、いつか発症する可能性が高いのです。

 

花粉症も、発症するのが当たり前のように受け止められていますが、なぜ花粉症になるのか、その原因を考えて、根本的な改善をするのがいいと思うのです。

 

 

それを思うと、家族、特に子供たちが小麦粉を使った食品の食事をすることに危険性を感じてしまいます。

 

でも、私もそうだったように、好きなものは、これといって症状が出ていなければ止める気になれませんよね。

 

家族の体調を見ながら、こんな食品や食事の話をしていきたいと思いました。

 

グルテンフリーに関しては、このサイトがとても分かりやすくまとめてあります。

 

 

 

HOOD HACK

 

 

 

Pocket

ブログランキング参加してます♪応援よろしくお願いします^^


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最近のコメント

「愛の星」クラブ LINE@




 

友だち追加

▲トップへ戻る