これからの「愛の星」クラブ活動について

Pocket

これまでいろいろな講演会に参加し

今年になってから、いろいろな活動を知り、調べ

「今のままじゃぁ、日本はいけないよね~~!

だから、自分から変えていく行動を始めよう」

という想いではじまっている活動が複数あるのを知りました。

バクロスTV

坂の上零さんの「はこぶねプロジェクト」

等など・・

その中で、神谷宗幣さんが設立した

「イシキカイカク大学」というのがあるのを知りました。

そして、ここが一番 私が必要としていたところだと思ったので、

3期生として、ネット受講を始めました^^

なぜ「イシキカイカク大学」がいいと思ったのか、というと

それは、10人の講師からの講義が受けられるからです。

一人だけの話になると、

どうしてもその人の価値観に染まった情報になります。

でも、10人のいろいろなジャンルの先生からの話を聞いて

自分で判断する、というのが

今、日本で何が行われているのか

これまでに何があったのかを知るのに大切なことだと思ったのです。

イシキカイカク大学のネット受講の3期生としては、

5月までの受講でおしまいなので

これから復習をしっかりしていきます。

そして、これまで学んだことすべての統合として

繋がりがあると思ったことを交えながら、

勉強会で話したいと思います。

*******************

その前に

イシキカイカク大学は、

9月から4期生の募集をするそうです。

そして、

4期生がイシキカイカク大学としては最後の募集のようですので、

3期までの講義を基礎知識として

さらなる進化・5次元へ向けての講義になるようです!!

 

とても楽しみです^^

 

そのためにも、

これまで学んだことを自分なりに分かりやすくまとめます。

もしも、私の勉強会でシェアしたことで

もっと深く学びたい、

同じように話が出来る仲間が欲しい

これからの時代を作っていく、

ということをもっと知りたいと感じた方は、

イシキカイカク大学の4期生として受講すると良いと思います。

*************

まず、「愛の星」クラブ活動の順番として、

① 今の日本と世界の現状を正しく知る

② 自分で考える、判断する

③ 3次元の危機的状況を認識する・絶望する

④ 4次元以上の希望、可能性を知る

⑤ 日本の歴史から5次元・高次元を知り、学び、実践する

⑥ 霊学(神学)を学び高次元を知り、学び、実践する

⑦ 自分と神との関係を知り・実践する

⑧ 「アナスタシア」に書かれていることをヒントに実践する

こんな感じかと思います。

もちろん、イシキカイカク大学で学んだことで、

私が理解できたこと

シェア出来ることですので、

何んとな~~くこんな感じ、ということですが・・・

でも、①~⑧ってなに??ですよね

もう少し詳しく書くと

 

① 今の日本と世界の現状を正しく知る

 

というのは、いろんなジャンルから入ることができます。

医療・芸術・政治・経済・テレビ、新聞・教育・宗教などなど、

どこからでも、ちょっとおかしいんじゃない??

と思ったことを

掘り下げて探求していくと

たどり着くのは、同じ問題の根っこなんです。

 

日本もそうだし、

アメリカも、ロシアも、世界各地をよくよく調べていくと

同じ問題があるのが分かってきます。

肝心なのは、一つのジャンルだけにとどまらずに

二つ、三つと探求することなんです。

そうすると、全部繋がっているのが分かってきます。

そして、②の自分で考えるんです^^!!!

そうすると、たぶん ③になります^^;

日本の危機的状況に愕然とします!!!

ほんとに絶望するくらい落ち込みます。

これは、イシキカイカク大学を作った神谷さんも言ってたし、

多くの人が感じることです。

  
へ~~、そうなんだ~~ という薄い反応だとしたら

まだまだ現状を理解していないか

寝ている人だと思いますわ。

私は最近 もの凄く嫌いになったNHKで放送している

「チコちゃん」

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と

ののしられて喜んでいる人を見るとぞっとしますが、

私も言いたいです。

   
今の目の前の危機的状況として

 ☆ いろんな病気が蔓延している危機

 ☆ 二人に一人は癌にかかっている

   という強迫観念を受け入れている危機

 ☆ 癌になったら、高額医療が必要!!と思わされている危機

 ☆ 抗がん剤は、他の国では使わなくなっているほど

   効かないとわかっているのに

   日本では消費するためにいまだに使われている危機

 ☆ 職業が無くなる、と不安をあおる危機

 ☆ 株主だけに儲けさせるための大企業がはびこっている危機

 ☆ 農家の成り手がいなくなり、

食料自給率も下がっているという危機

 

そんな今の現状は自分とは関係ない

と思っていたら大間違いです!!

関係ない、と思っている人に向かって

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

と思うわけですョ。

とにかく、この①をしっかりやって現状を知り

②、③でかなり落ち込むと思います。

でも、それがあるから

そこから立ち上がろうとする力が湧き上がってくるんです。

そして④~⑦

日本の歴史を知ることで、凄く力が湧きます。

 

かつての日本、

とくに江戸時代を知ることで

日本人のすばらしさ、

精神性の高さ、

文化、生活のすばらしさが分かります。

 

さらに、その日本人を作り上げた「神道」

 

それから「日本の歴史」を知ることが

自分と神の関係を知ることに繋がると思います。

  

自分だけが楽しく生きていければいい

じゃなく、

子々孫々のため

今やらなくて、どうするの!!?? という感じ

それからもうひとつ

この地球に生まれて来た理由は、

 

 ◎ 学びのため

 ◎ 修行して霊性を上げるため

 ◎ 自分の課題をクリアするため 

なんだという結論に達したからです。

肉体がすべてではなく、

私たちはもっと精神的な、霊的な存在なんです。

だからこそ、

子々孫々のため 地球再生のために働く

というのが、

私の課題なのか 修行なのか 学びでもあるのか 

と思うわけです。

  
もちろん、課題は人それぞれだし

どんな方法でそれを解決していくか!?

というのも人それぞれで、

役割が違う、ということもあります。

なので、私の話を読んで、「愛の星」クラブ活動に参加する方は

私と同じような課題、目的、目標の方が

共鳴して集まる場になると思います^^

みんなで考えを持ち寄り、

自分なりに実践してシェアしていくことは

楽しみだと思いませんか?

   
でも、大きなところではみんな同じで、

みんながお互いに思いを話し合い、受け入れ、

調和して楽しく活動して新しい世界を創っていくのを楽しむ 

ということになると思います^^

その代表的な素晴らしい実践例が

「アナスタシア」だと思っています。

これまでも、自然栽培が素晴らしいと思い

去年から自然栽培の家庭菜園を少しずつ始めていますが

今年になって「アナスタシア」という本を教えていただき

読み始めたら、本当にこれからの世界の『希望』だと感じました。

「愛の星」クラブ活動では、

勉強会と共に

「アナスタシア」に書かれていることを実践していきます^^

自然栽培の野菜を作ったり

収穫して料理したり、食べたり

スワッグを作ったり  ですね^^

「アナスタシア」の活動は、勉強会と別に

イベントを作りたいと思います。

「愛の星」クラブを作ってから結構時間がたちますが

やっと活動内容が見えてきた感じです。

興味あるわ~~、という方 待ってま~~す^^

Pocket

マーク・バトラさんお話会に参加

Pocket

今日は、マーク・バトラさんのお話会に参加してきました。

マーク・バトラさんは、若い時から世界を旅して不思議な体験をし、

その体験の中で、ヒマラヤ聖者?から教えられたことを、

無償で多くの人に教えるように、と言われたそうです。

その叡智を、プロジェクターを使って

分かりやすく、面白く話してくださいました。

その中で、瞑想の仕方がとても興味深いものでした。

宇宙の始まり、「神が光あれ」と言われた、その光が 

愛であり神である、ということ

その始まりは「あ」であり

一般に言われている「オウム瞑想」の発音は

オウム というより 

「あ」の発音のまま口を閉じていくと変化する音そのものであると。

そのように教えてもらった、という話でした。

そして、その瞑想を教えてもらってから、

実際に自分の生活の中で実践して

不思議な体験をしている 

という話をしてもらいました。

  **************************

私も これまでいろいろなスピリチュアルな学びをした中で

宗教は、もともとは同じ教えであって

その時代、その場所(国)の人たちに

わかりやすいように説いているだけで

教えが違っている

ということで批難・批判するものではないと感じています。

 

これから このような宇宙と自分の関係を

一人ひとりが理解して

自分が世界に対してどう関わっていくか

自分で考えて行動していく必要があると思っています。

私も、これから このブログを通して発信していきます^^

Pocket

最近のコメント

    「愛の星」クラブ LINE@




     

    友だち追加

    ▲トップへ戻る